まんこが臭い原因は?解決させる石鹸紹介!

彼氏に言われてショックなまんこの臭い悩みを改善させる石鹸を紹介!

*

気になるまんこ(あそこ)の悩みを解決させる為には?

まんこの臭い改善

「おりもの」の原因はデーデルライン桿菌?

あそこ(まんこ)の悩みの中で特に「おりもの」について解決したいという女性も多いのではないでしょうか。
女性の身体の構造上、生理の前後や排卵時に量が増える傾向にあります。
量も人それぞれながらも下着につくと気になってしまいますよね。
更には臭いを感じてしまうと不快感も増します。

膣内から排出されるおりものには「デーデルライン桿菌」という菌の一種が常にいます。
これは膣内に不要な雑菌が生まれるのを回避してくれる働きがあるのです。

しかし、「デーデルライン桿菌」はおりものとして排出されて下着についた後、特に整理前には酸っぱさを感じる臭いがすることもあります。これは不快かもしれませんが十分正常の範囲内なので気にしすぎないようにしてください。
しかし、ストレスや体調不良が続くと、膣内のデーデルライン桿菌が減ってしまい雑菌が増えることで悪臭につながります。
少し臭いが強すぎると感じた場合はしっかり身体を労わってあげてください。
なによりもデリケートゾーン全体は下着に覆われて高温多湿で雑菌が繁殖しやすい状況であることが問題なのです。

雑菌にとっておりものをはじめとす身体から排出されたものは栄養になります。
栄養をとった雑菌が繁殖することで悪臭の原因となります。
そこで必要なのはデリケートゾーンを清潔に保つこと。

ボディソープは洗浄力が強すぎるので専用の石鹸を使いましょう!

まんこ臭いのを清潔に保つには、お風呂で入った時にはしっかり汚れを落としましょう。
当たり前かもしれませんがこれがとても重要になってきます。

デリケートゾーンは刺激にとても弱い部分なので市販のボディソープは洗浄力が強すぎます。
専用のソープや低刺激の石鹸をしっかり泡立てて指で洗うようにしてください。
刺激が強いとかぶれや痒みなどの症状まで生まれてしまうので要注意です。

上がる際にはタオルで優しく拭きあげて通気性の高い下着を利用して高温多湿を緩和させましょう。

ボディソープは洗浄力が強すぎるので専用の石鹸を使いましょう!

また、おりもの自体のケアもとても大切です。
生理と比べて汚れがきにならないものではありますがおりものの放置、おりものシートのつけっぱなしは不衛生なのは間違いないです。
さらに、カンジタ症などの別の症状を生み出す原因になってしまいます。
トイレ時などに定期的に付け替えて汚れが溜まらない清潔な環境を作ってください。
おりものについては身体から健康・不健康のサインでもありますし、排出した際にはにおいなど少し気にしてみてください。

臭いといった問題には毎日ケアを続けて清潔を保つことがもっとも重要です。
小さなケアの積み重ねが問題解決につながりますよ。

公開日:
最終更新日:2015/10/28